日合連

 

 

 

 

 

(社)全国木工機械工業会の主催による「平成22年新年講演会」において、井上日合連会長が『合板工業の現状と今後の展開』を演題として講演を行いました

 平成22年1月26日(火) 午後2時30分から芝パークホテル(東京都港区)において、(社)全国木工機械工業会の主催による平成22年新年講演会が開催され、井上日合連会長が『合板工業の現状と今後の展開』をテーマに約1時間半の講演を行い、合板機械メーカー、木材関係団体、建設業界、報道関係者などから約70名が参加しました。
 講演会では、井上会長から国内外の合板の需要動向、間伐材、小径材等の利用状況や今後の合板需要拡大の取組み等について最新のデータをもとに説明を行いました。公演後の新年懇談会には、経済産業省米村孟産業機械課長、林野庁鈴木信哉木材産業課長、国土交通省越海興一木造住宅振興室長をはじめ多数の関係者が参加し、今後の合板産業のあり方や、合板の需要拡大、新製品開発等について活発な意見交換が行われ盛会裡に開催されました。

 

 
会場全景
 
講演を行う井上日合連会長
   
新年懇談会で主催者挨拶を行う橋本全木機会長
   

 

 

合板