日合連

 

 

 

 

 

地域材利用加速化支援事業のうち国産材原料転換技術開発事業の実施について

 日本合板工業組合連合会では、林野庁の助成を受け、地域材を利用しコンクリート型枠用合板等の土木用資材の開発を行う民間事業者等を募集します。 → 募集は終了しました。

 

1.

対象となる事業
地域材(主にスギ、ヒノキ、カラマツ等の人工林材やこれまで利用の進んでいない樹種の材を対象とする)を利用したコンクリート型枠用合板等の土木用資材の開発とします。

2.

応募資格
法人格を有する民間事業者または団体(任意団体を含む)で当事業に係る経理、事務及びその他の執行体制について、適切な管理体制及び処理能力を有しているもの。
なお、同一の内容で農林水産省・林野庁、他省庁、地方公共団体等の補助金等を受けている事業の応募は認められません。

3.

支援の内容
提案が採択された事業については、日本合板工業組合連合会と共同で事業を実施し、実施に必要な事業費の定額を支援いたします。ただし、一事業当たりの支援額は2,000万円を限度とします。
提案に当たっては、事業費を算出していただきますが、審査の結果、提案額を減額させていただくこともあります。
支援できる事業費の内容は、技術者給(支援総額の30%以内)、賃金、謝金、旅費、需用費、役務費、委託費、使用料及び賃借料(事務所経費は除く)とし、事業の実施に関係のない経費、建物等施設の建設、不動産取得に関する経費は支援の対象にはなりません。

4.

提案事業の選定
日本合板工業組合連合会に設置される識者による企画運営委員会において審査・選定し、応募者に対し採択の可否を通知します。(平成22年7月上旬を予定。)

5.

事業の実施期間
平成23年2月末までに事業を実施し完了していただきます。

6.

応募手続き
以下の書類を原則としてワープロで作成し、募集期間内に提出(2部)してください。
(1)地域材利用加速化緊急対策支援事業のうち国産材原料転換技術開発事業申請書(別紙様式1)
(2)地域材利用加速化緊急対策支援事業のうち国産材原料転換技術開発事業実施計画書(別紙様式2)
(3)応募者の概要(団体概要等)が分かる資料(定款、寄付行為等、役員名簿、収支報告書、パンフレット等)

7.

募集期間
平成22年5月31日(月)から平成22年6月18日(金)17時まで(必着)

8.

提出先
〒101-0061 東京都千代田区三崎町2丁目21-2(リーフスクエア水道橋ビル8階)
日本合板工業組合連合会  担当者:川喜多(info@jpma.jp
TEL:03-5226-6677

9.

実施要領等のダウンロード
実施要領及び各様式は、下記URLよりダウンロードしてください。
URL http://www.jpma.jp/をご覧ください。

 

実施要領(PDF)
別紙様式1 申請書(word)
別紙様式2 実施計画書(word)
別紙様式3 事業実施契約書(word)
別紙様式4 実績報告書(word)

 

 

合板