日合連

 

 

 

 

 

「平成25年度 合板技術講習会」の開催について

    

「合板の日」制定記念

2013年度合板技術講習会

「多様な技術開発戦略による“攻めの合板産業”」



本年は「合板の日」(113)の制定、本講習会が60回を迎えるなど記念すべき年となりました。国内の景気にはようやく回復の兆しがでてきたものの、長引く被災地の復興、消費税やTPPの動向など合板業界にとっては、様々な不安材料が取り巻いています。このような中、国産材を使用した新たな合板需要の拡大に攻勢をかけることを目的として、公益社団法人日本木材加工技術協会合板部会、日本合板工業組合連合会では、下記により合板技術講習会を開催いたしました。   

               記

主  催:(公社)日本木材加工技術協会合板部会、日本合板工業組合連合会

後  援:(公財)日本合板検査会、(一社)日本木工機械工業会、合成樹脂工業協会

 

日  時:平成25年11月7日(木)午後1時~午後4時40分

     平成25年11月8日(金)午前9時30分~午後4時50分

 会  場:木材会館  東京都江東区新木場1-18-8 電話 03-5534-3111

参加者: 約100名

 

 
会場全景
 
冒頭挨拶する合板部会長 塔村真一郎氏

 


日程及び内容

 11() 「グロ-バル化に対応する攻めの国産材利用」

 13:0013:50 木材利用ポイント事業の推進状況

         林野庁林政部木材利用課 課長補佐        武藤信之 氏

 13:5014:40 固定価格買取制度によって合板用材の需給がどう変わるか?

        (独)森林総合研究所 林業経営・政策研究領域 

林業システム研究室長         久保山裕史 氏

 14:4014:50 休憩

 14:5015:40 全国合板一枚・作品コンペについて

         島根大学教育学部 名誉教授・特任教授      山下晃功

 15:4016:30 成形合板とその活用
         元天童木工取締役                 菅澤光政 氏

 

11() 「イノベ-ションによる合板の多様な用途開発」

9:3010:20 合板の日本農林規格の見直しについて

        (独)農林水産消費安全技術センタ- 規格検査部 商品調査課

 専門調査官                渡辺 明 氏

   10:2011:10 化粧ばり構造用合板の接着技術

         株式会社オ-シカ 機能性樹脂グル-プ技術主任   兼城健司 氏

11:1012:00 中層大規模木造建築物への合板利用
        (独)森林総合研究所 構造利用研究領域木質構造・居住環境研究室

主任研究員                 青木謙治 氏

  12:0013:00 昼食

  13:0013:50 型枠用・敷板等土木用資材としての活用

        (独)森林総合研究所 

複合材料研究領域複合化研究室長       渋沢龍也 氏

 

  13:5014:50 遮音壁への合板利用-木製遮音壁の価値と防腐合板遮音壁の開発-

         東京農工大学 名誉教授               喜多山繁 氏
         遮音壁への合板利用-合板遮音壁の強度設計と曲げ強度試験による安全性の確認-

         セイホク株式会社技師長、

()森林総合研究所フェロー           神谷文夫 氏

  14:5015:00 休憩

15:0015:50 JAPICの林業復活・森林再生活動

       慶應義塾大学 理工学部 特任教授         米田雅子 氏

 15:5016:40 PLYWOODの魅力と可能性を考える

         東京大学大学院 農学生命科学研究科 特任教授    安藤直人 氏

 

 16:4017:00 総合討論

 

 

 

合板