日合連

 

 

 

 

 

第4回「合板の日」記念式典の開催について

11月3日は、合板の祖といわれる故浅野吉次郎翁が、1907年に日本で初めて近代的なロータリーレースを開発して合板を製造した日で、木材・合板博物館及び日本合板工業組合連合会の共同提唱で、この日を「合板の日」として制定しています。


 この制定を機に「合板の日」実行委員会は平成28年11月14日、新木場タワーで第4回「合板の日」記念式典を開催しました。式典には、関係官庁、団体、企業等より約250人が参加しました。

 
 式典は、冒頭に実行委員会を代表して、日本合板工業組合連合会の井上篤博会長より、JKホールディング株式会社名誉会長吉田繁氏の合板産業における流通安定等への貢献に対し感謝の意を込めて挨拶を行い、引き続きご来賓の今井敏林野庁長官(三浦正充林野庁林政部長代読)及び藤田聡東京都産業労働局農林水産部長より祝辞を頂きました。


 表彰式では、日本合板商業組合の足立建一郎理事長が、林野庁長官表彰状及び「合板の日」実行委員会感謝状を受賞された吉田繁氏の合板産業の発展へのご功績について紹介を行い、三浦正充林野庁林政部長及び木材・合板博物館の岡野健館長より表彰状及び感謝状・副賞が授与されました。授与後、吉田繁氏が意欲あふれる受賞者挨拶を行いました。


 講演会では、NPO法人活木活木(いきいき)森ネットワークの遠藤日雄理事長より「国産材による合板産業の今後」と題する記念講演が行われ、引き続き横浜国立大学教育人間科学部の小林大介准教授より第4回全国合板1枚・作品コンペの入賞作品の紹介を行いました。なお、本式典においては、故浅野吉次郎翁のひ孫にあたられる園部かおる様に出席頂き、故浅野吉次郎翁が大正9年に受章された貴重な緑綬褒章の章記(褒章の記)を木材・合板博物館に寄贈されたことが紹介されました。


 懇親会は、今井敏林野庁長官の乾杯、ご挨拶により盛会裡に開催され、吉条良明全国木材組合連合会会長の中締めにより閉会しました。
 

 

 
記念式典全景①
 

記念式典全景②

 

日本合板工業組合連合会井上篤博会長

 の主催者代表挨拶
 

来賓挨拶を行う三浦正充林野庁林政部長

(長官祝辞代読)
   
  来賓挨拶を行う藤田聡東京都産業労働局
 農林水産部長
  受賞者の功績について紹介を行う
日本合板商業組合足立建一郎理事長
   

三浦正充林野庁林政部長から林野庁長官

 表彰状を受賞する吉田繁名誉会長
 

岡野健木材・合板博物館館長から

感謝状を受賞する吉田繁名誉会長

   
   受賞者挨拶を行う吉田繁名誉会長     記念講演を行う遠藤日雄理事長 
 
   
第4回全国合板1枚・作品コンペの入賞作品を紹介する横浜国立大学教育人間科学部小林大介准教授    懇親会の冒頭挨拶・乾杯を行う
 今井敏林野庁長官
   
浅野吉次郎翁のひ孫にあたる園部かおる様と
懇談する日合連井上会長
  
   懇親会の懇談
   
懇親会の懇談     懇親会の懇談
   
中締めの挨拶を行う吉条良明全国木材組合連合会会長   
 
故浅野吉次郎翁が受章された緑綬褒章の章記(褒章の記) 
   
   林野庁長官表彰状
 
 「合板の日」実行委員会 感謝状
 
 

 

 

 

 

 

合板