日合連

 

 

 

 

 

令和元年度(一社)日本JAS協会の通常総会・理事会の開催について

 

 令和元年度(一社)日本農林規格(JAS)協会の通常総会・理事会が、令和元年620日午後4時から、東京都内のホテルで会員約60団体の参加を得て開催され、平成30年度の事業報告、収支決算等が審議・承認されました。また、引き続き開催された第2回理事会において、2年に1度の定期的な役員改選が行われ、会長には、穀物乾燥貯蔵施設協会常務理事の戸谷亨氏が新たに選任され、副会長には井上篤博(日本合板工業組合連合会会長)及び島﨑眞人専務理事が再選されました。
 総会後の懇談会の挨拶の中で、井上篤博同協会副会長は木材のJAS規格及びその普及啓発の重要性等についてアピールしました。

 



向かって左から池戸会長、井上副会長、島崎専務理事、竹澤事務局長

 
   
新任挨拶をする戸谷会長   懇親会で挨拶する日合連井上会長


 

合板