合板の特徴

木材は、古代から人間の生活と密着して利用されてきました。人々の生活全体に和やかさを与え、特に日本のような高温・多湿の環境では欠かせない材料でした。そんな木材の優れた特性をすべて備え、さらに、木材より強い・幅広い・伸び縮みの少ない優れた材料に作り上げたのが『合板』です。


合板の特徴は次のとおりです。

  1. 重さの割にその強さが大きい
  2. 広い面積が得られる
  3. 伸び縮みが少ない
  4. 切断、釘打ちが容易である
  5. 面としての強さが得られる・・・耐震性に優れる
  6. 木材だから熱伝導率=小・比熱=大
  7. 乾燥木材だから電機伝導性が少ない
  8. 木材だから音・機械振動の吸収性がある
  9. 木材だから視覚・触感に優しい
  10. 木材だから和らかな感覚を与える

 

合板